ザトウクジラ 基礎知識 ツアー準備 行動パターン

ホエールウォッチングの準備

  1. 1月〜3月の気温は15〜20度くらいです。通常なら薄手の上着があれば良いくらいですが、海に出るとやはり寒さを感じます。トレーナーにジャンパーくらいがちょうど良いでしょう。


  2. 晴天の日だと、気温は低くても陽射しは強力です。2階で直射日光を浴びると、暑いくらいです。そして、確実に日焼けをします。日焼け止めを用意した方がいいですね。帽子は風に飛ばされないように気をつけてください。


  3. クルーザーは巡航でも時速50キロほどで走ります。直接風を受けるとかなり寒いのですがこの点は、2階のフライトデッキでも出ない限り心配はありません。


  4. クジラが発見されると、船は停止状態となり、2階フライトデッキからクジラを見ることになります。移動に際しては滑りにくい靴が理想的、ハイヒールなどは危険なのでご遠慮ください。


  5. 写真を撮ることももちろん可能です。運良くクジラが近づいてきたら、良い写真が撮れますよ。ただ、船の上なのでくれぐれも取り扱いに注意してください。


  6. 本格的に写真を撮るなら一眼レフでモータードライブ付き(秒3コマ以上)、レンズは300mmぐらいが理想的ですね。どんな凪ぎでも船は揺れますからシャッタースピードは1/500以上は欲しいところです。船が揺れるので三脚は意味がありません。曇り空ならフィルムはISO400ですね。
TOP | ホエールTOP | クジラ情報 | ツアー案内 | ギャラリー | クジラ日記 | 会社概要 | お問合せ | ご予約
Copyright◎2003 Okinawa Tropico All Rights Reserved
※当サイトにて使用されている写真・文章はすべて 許可なく使用することを禁止いたします。