ザトウクジラ 基礎知識 ツアー準備 行動パターン

ザトウクジラの主な行動パターン

 ザトウクジラが水面に姿を見せるのは、基本的には息つぎの時です。まず噴気を上げ、だいたい15〜40秒の間に3〜4回呼吸して、再び潜ります。一度潜ると5〜15分は潜りつづけます。この呼吸の時に我々は彼らと接することができるのです。
BLOW(潮吹) PEDUNCLE ARCH(ペダンクルアーチ) FLUK-UP/DOWN dive(尾ビレ上下潜水)
BLOW
(ブロー/潮吹)
PEDUNCLE ARCH
(ペダンクルアーチ)
FLUK-UP/DOWN DIVE
(尾ビレ上/下潜水)
 呼吸のために水面に浮上した時に吹く息、白い霧状で3〜5m吹き上がります。この霧状の息は非常に生臭い匂いがします。  潜水を始める時に見られる行動で、背鰭がはっきりと確認できます。最後の吸気に続いて、水面高く身を弧状にしながら潜水を始めます。  ペダンクルアーチに続く動作で、尾ビレをまっすぐ水面上に持ち上げ、潜降に入ります。この時に裏面(腹側)の模様を見せる時をフルークアップ、見せない時をフルークダウンといいます。

TAIL SLAP (尾ビレたたき) PEC SLAP/FLIPPER FROP (胸ビレたたき) PEDUNCLE SLAP (ペダンクルたたき)
TAIL SLAP
(尾ビレたたき)
PEC SLAP/FLIPPER FROP
(胸ビレたたき)
PEDUNCLE SLAP
(ペダンクルたたき)
 尾ビレと胴体後部を空中高く持ち上げ、まっすぐ振り下ろして大きな音と水しぶきを上げます。背ビレ側が上の時もあれば腹側が上の時もあります。  横向きになり長い胸ビレを水面に打ちつけます。腹側を上にし、両胸ビレを打ちつけることもあります。ペッタンペッタンという音が聞こえ、なんだかユーモラス、遊んでいるようにも見えます。  胴体後部を水面上に持ち上げ、水面あるいは他のクジラの上に横向きに振り下ろす動作です。かなり攻撃的な感じがします。

SPY HOP (偵察飛び) HEAD SLAP(ヘッドスラップ) BREACH(ブリーチ
SPY HOP
(偵察飛び)
HEAD SLAP
(ヘッドスラップ)
BREACH
(ブリーチ)
 垂直に体を持ち上げ、目の位置がちょうど水面に止まったまま、体を回転させてから水面下にゆっくり沈みます。偵察をしているかのように見えますが、彼らが空気中で見えるのかどうかは不明です。  体のおよそ1/3を水面上に持ち上げ、口側を水面にたたきつけます。他の動作同様目的はわかりませんが、大きな音と巨大な水飛沫があがります。  体の2/3あるは全身を空中に持ち上げ、胸ビレを側面に突き出し、体を縦軸方向に対して回転し水面へ落ちます。もっと迫力のあるシーン、通常のツアーで何度も確認されています。
TOP | ホエールTOP | クジラ情報 | ツアー案内 | ギャラリー | クジラ日記 | 会社概要 | お問合せ | ご予約
Copyright◎2003 Okinawa Tropico All Rights Reserved
※当サイトにて使用されている写真・文章はすべて 許可なく使用することを禁止いたします。